twitter youtube tumblr flickr rss mail

category: computer

ネットショッピングでトラブルに遭った


本記事のタイトルとURL をコピーする

2ヶ月ほど前にネットで DVD を注文した。大手のサイトではないが、結構ちゃんとした作りのサイトだったので、いつもネットショッピングをする要領で注文したのだ。

しかし、待てども待てども商品が届かない。

そこでその店名をネットで検索してみると、詐欺サイトだという情報があるではないか! 早速商品が届かない旨をそのサイトにメールしてみると、メール自体が届かないのである( Gmail を使っているので、Mail Delivery Subsystem からメール不着のメールが来た)。

2週間ほど待って何も音沙汰がないので、使用したのが楽天のクレジットカードのコールセンターにトラブルがあったと電話した。

すると、一端はその金額で引き落としがされ、調査の結果が出次第、場合によっては返金措置がされるのだそうだ。1週間ほどして、今回は楽天ではなく、クレジットカード会社の JCB が調査を担当するそうだ。1ヶ月ほどして調査の結果を書面で回答してくるという。

電話ではカード明細上どのショッピングでのトラブルか、何を買ったかが聞かれただけだった。あまり詳しく聞かれた感じがしなかった。どうも、あまりやる気を感じられない。

そして、商品注文から2ヶ月がたち、やっと電話が掛かってきて、カード請求の異議申立書を送るので、それを返送してほしいと言われた。数日後に書類が届いた。書類は、JCB ではなく、楽天から来た。

異議申立書には、証拠となるやりとりのメールを添付する。さらに、注文した商品の写真がいるらしく、ネットから適当に写真を拾ってきて添付。一緒に送られてきた返信用封筒が通常の定形内封筒で、全然入りきらないので、仕方なく自分で封筒を用意し、切手を貼って返送した。

この後2〜3ヶ月後に結果が分かるそうだ。「2万円程度の買い物だから、別に戻ってこなくてもいいや」と思いたくなるような、面倒で時間が掛かる手続きなのである。そして、返金されるかどうかもまだ分からない。

実はこれだけではない。

楽天に問い合わせた際に、今後クレジットカードが不正利用される可能性があるので、現在のカードを停止し、新しく作り直すように言われた。その楽天のカードはメインのカードとして、オンラインショッピングで利用していたが、それだけでなく公共料金やオンラインストレージなど、月々自動引き落とし用に使っていた。だから、15 以上のサービスの支払い方法を変更する必要があったのだ。これを機にすべてのサービスの支払いを楽天以外のクレジットカードに変えた。もう楽天は解約してしまうのも手だったが、面倒だがカードを作り直した。

今回の教訓としては、
・大手以外のサイトを利用する際は、その店の情報を調べてから慎重にする。
・そんなサイトを利用する際は、メイン以外の、限度額が低いクレジットカードを使う(複数枚クレジットカードを持っている場合)。できれば、そういうサイト専用のクレジットカードを持っておく。
・できるだけ、大手の楽天やアマゾンで購入すること。大手はトラブルがあった際の対応がちゃんとしている模様だから。

やれやれ。

もちろん、「だからクレジットカードはダメだ」「ネットショッピングはダメだ」と言うつもりはない。こういうこともまれにあるが、なくてはならないものなので、知識を持ち使っていこうということである。

なお、等の詐欺サイトは現在は閉鎖してアクセスできなくなっている。


書籍