Amazon での販売を大口出品に変更した

長年 Amazon で商品を販売している。といっても「せどり」ではなく、自分が買った物でいらなくなったものや結局使わなかったものを販売している感じだ。主に書籍だが、DVD やパソコン周辺機器なども売っている。

現時点で 400 点も販売中だから、個人でやるにはかなり本格的だ。毎年それなりに収入になっている。

そこで、大量に出品をしていることだし、そろそろ小口出品から大口出品へと切り替えることにした。大口出品にすると、これまで小口出品でも必要だった注文成約時に掛かる販売手数料に加えて、毎月 4,900 円の登録料が掛かる。しかし、小口出品で必要だった、注文成約時の基本成約料 100 円がなくなる。毎月 50 点以上売れるなら大口出品の方がお得だ。

他にも大口出品だと、詳細なデータ解析ができたりできるが、私には Amazon に出品されていないオリジナル商品を出品できるのがありがたい。出品したくても Amazon にラインナップされていない商品が手元にあるんだよ。


Amazon出品(出店)サービス | 大口出品・小口出品プランの違い
services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/individual-promerchant.html

しかし、毎月 50 点も売れていないのがネックだ。でも、これから売っていく意気込みで大口出品に切り替えることにした。現状ではなく未来の理想像を基準に置くのは大事なことである。

***

大口出品への切り替えは、セラーセントラルの出品アカウント情報のページから行う。「ご利用のサービス」に「小口出品に変更/大口出品に変更」というボタンがあるので、クリック。確認ページへ飛ばされて、承諾するとあっという間に大口出品へ切り替わる。

切り替えの前には、クレジットカード情報や「出品者プロフィール」などを「出品アカウント情報」のページですべて埋めておく必要がある。


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍