[映画][4DX]『ズートピア』

今日はたまには映画の感想を書こう。

ゴールデンウィークということで、ワイフと映画館に行ってきた。普通の映画館に行っても面白くないので、つい最近の4月 23 日に 109 シネマズ四日市に 4DX が導入されたので、4DX を体験したことがないワイフを連れていくことにした。 109 シネマズ四日市は、家からやや遠いが、私は結構好きな映画館なので、時々行く。こういう電車で行きやすく、あまり混んでいない郊外の映画館が好きなのだ。

4DX というのは、映画に合わせて座席が動いたり、水しぶき、におい、煙、風、光が出たりする、まあ遊園地のアトラクション的なやつが映画館に入ったみたいな感じ。

109シネマズ 4DX | 109CINEMAS 4DX
109cinemas.net/4dx/

4DX は今でこそ全国にチラホラできているが、日本で最初にできたのは名古屋の中川コロナシネマワールドだ。私はそこへ行ったことがあるが、はっきり言って、二度と行きたくないと思った。それは「あんなの映画じゃない」から。座席が動いたり水しぶきが飛んできたりしたら、全然映画に集中できない。しかも、4DX は吹き替え映画と決まっているので、字幕映画派としてはその点も気にくわない。

しかし、4DX は一度は「ものは試し」と行ってみる価値はある。何事もする前から、「あんなのダメ」と言うのは一番いけない。だから、私一人だとまず行かないが、ワイフが 4DX を知らないので、行くことにしたわけ。

吹き替えで観てなんとか許せるのがアニメーションなので、『ズートピア』を観てきた。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』もやっていたが、スルー。

ズートピア|映画|ディズニー|Disney.jp |
www.disney.co.jp/movie/zootopia.html

料金は一般 3100 円だが、メンズデイだったので私は 2500 円だった。

4DX はそもそも 3D 映画だ。揺れる座席で 3D メガネを掛けると、メガネと二重掛けになる私は 3D メガネがずれるのが心配。中川コロナシネマワールドでは、そういう人のために、クリップでメガネに付けるクリップオン型の 3D メガネが販売されていた。今回もそれにしようと、映画館の売店で確認してみると、109 シネマズ四日市の 4DX ではクリップオン型はないという・・・。あきらめることにした。しかし、この心配は不要であることが、後に分かった(後述)。

109 シネマズ四日市はオンライン予約のチケット発券だけでなく、通常の映画館でのチケット購入も機械で行うタイプになっている。TOHOシネマズも同じ。全国で順次機械式に切り替えている。

もぎりの際に 3D メガネを受け取る。入場者特典としてポストカードをもらえた(映画館でもらえるポストカードはコレクションしているのでうれしい)。

20160502_203249

20160502_203306
4DX の注意事項についての紙ももらった。

さらに、ブランケットも借りておいた。後で気付くが、これは正解だった。

4DX はシアター9に導入されているが、シアター入口にコインロッカーができていた。座席が揺れるので荷物を膝に置いておくと落としてしまう。ここに預けるわけだ。コインロッカーは 100 円で、使用後は戻ってくる。

20160502_091011

20160502_091018

そして中へ入る。4DX 導入にあたり、既存の座席は取っ払われて、4DX 用の座席が設置されている。座席は個別に振動するのではなく、連結された横並び4席が一緒に動くようになっている。他にも天井にはストロボライトや扇風機が設置されてたり、前の座席からはにおいが出るようになっていたり、足下にはカサカサッと動くひもがある。座席の左右の方のあたりからもプシュッと空気が出るようになっている。さらに、場内前方にはスモークが出る装置も設置してあるようだ(どこから出てくるのかはよく分からない)。

中川コロナシネマワールドと違っていたのは、水しぶきをオフにするボタンが座席の右アームレストにあること。これは水しぶきが嫌な人にはうれしい。私もオフ!にした。

20160502_091513

20160502_091456

20160502_091954

そして 3D メガネだけど、持ち帰り型の軽いタイプ。MasterImage 3D という 3D 方式(ちなみに、4DX も MasterImage 3D も韓国の会社のシステムだ)。実は MasterImage 3D は RealD 3D という 3D 方式と互換性があるので、RealD 3D のクリップオン型を持っている私は、家から持ってくれば使えていた・・・。。

20160502_203351

しかし、3D メガネの二重掛けによるズレは心配がなかった。今回の 3D メガネはメガネに二重掛けをしてもかなりフィットしていて、ほとんどズレない。メガネのズレを気にして映画に集中できなくなるということが、ほとんどなかった。

さて、肝心の映画だけど、まあそれなりに楽しい話だった。要するに、たくさんの人種が混ざって暮らすアメリカを象徴していて、差別や偏見なく共存していこうということだよね。テーマは悪くないが、話としてややまとまりが悪くて、分かりにくく感じたのは私だけだろうか。それとも 4DX のせいで映画に集中できなかったのか・・・。

それと、風が強くて寒かった。ブランケットを借りていたおかげで、なんとかしのげたが、ブランケットなしだと震えていたと思う。

4DX の効果は私には不要だったけれど、まあアクション豊富な本作だとそれなりに楽しめるし、隣りに座っていたちびっ子も楽しんでいたみたい。

評価:3/5

鑑賞日:2016-5-2(月)9:20~11:20
映画館:109シネマズ四日市
スクリーン:シアター9
料金:2500円(4DX、メンズデイ)
吹き替え版


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍