今田弘武さん・私のけん玉の原点

私はけん玉歴 20 年である。実家のリビングにはけん玉を置いていたので、テレビを見ながらけん玉をしていた。大学生になって実家を離れるまでは、普段からずっとけん玉を触っていたとも言える。とはいっても、真剣にけん玉をしていたのは、そのうち3年ぐらいかもしれない。そんな私に再びけん玉熱が出てきたのは面白い。

私は広島出身だが、現在の形のけん玉が生まれたのは広島である。だから、他の地域の人に比べれば、けん玉に触れる機会が多かったのかもしれない。

小学生の頃けん玉が好きになった私は、その頃よく通っていた児童館でけん玉をしていた。そこでは非公式の認定会があり、確か初段ぐらいは取っていた。

それに小学校にけん玉部があったので入部。副部長をしたりもした。けん玉が他の人より少しうまかったので、先生に褒められた記憶がある。

では、そもそも私は子供の頃なぜけん玉を好きになったか。それは小学生の頃に見た、けん玉のプロの演技だったと思う。まさに神業のごとくけん玉を操る姿に憧れ、以後けん玉を始めたんだと思う。その経緯については詳細な記憶はないが、それぐらいしか理由が思いつかないのだ。

最近になってその「けん玉のプロ」が誰だったか気になるようになった。中国電力の人だということだけ覚えていたが、ネットを駆使して調べても、ピンとくる人が見つからなかった。

しかしである。『けん玉で集中力を養う』(矢野博幸、浪速社、2014)を読んでいるときに見つけたんです。

けん玉協会広島総支部に今田弘武(いまだ ひろむ)さんがいる。名前でググってみると、中国電力の OB だという。間違いない!!!

そういえば、今田さんは毎日 5000 回職場でもしかめをすると言ってた記憶がある。

私のけん玉の原点となった人をやっと特定することができた。

動画でも今田さんを発見↓

広島のけん玉界この人アリ!今田弘武先生 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=U-_ny7AKJ3Y

Imada Hiromu: Portrait of a Kendama Sensei – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=1yqXmpsp_ok

Imada Hiromu sensei dancing to Billie Jean while playing Kendama – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=juWuR5JZWxM

Japan 2013 with KendamaUSA and Friends – YouTube(2分 40 秒〜)
https://www.youtube.com/watch?v=iatjcb4ocxE#t=2m40


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍