Windows XP を VMware Fusion に移行

実家のパソコンで Windows XP が入っているデスクトップパソコンがあるが、私が帰省時にチョロッと使うぐらいで、実質ほとんど使っていない。

以前は自作パソコンを作ったりしていたが、「よりいいものを」と考えると、パーツ代がどんどん高くなるし、かといって中途半端な性能のパソコンでは中途半端なパフォーマンスである。今では高性能の MacBook Pro を定期的に買い換えることのほうがよっぽどコストパフォーマンスがいいと考えている。

というわけで、手持ちのデスクトップパソコンは解体してパーツを売ったり、ケース等の価値のないものは処分することにした。HDD はあらゆるデータ削除をしてもデータ流出の心配があるので、容量の大きいものは保管、容量の少ない役に立たないものは、ソフマップ等の目の前で破壊してくれるサービスに処分してもらう。

では OS はどうするか。せっかくだから Mac で使う VMware Fusion に移行して、ソフトウェアの実行実験等に使うことにした。

Title 仮想化を使用して Mac 上で Windows を実行: VMware Fusion の無償評価版
http://www.vmware.com/jp/products/fusion.html

移行方法としては、VMware Fusion PC Migration Agent を移行元のパソコンにインストールし、手順に従えば、ネットワーク経由で Mac へ仮想化 OS を移行できるはずなんだが、なぜか私の環境ではうまくいかなかった。

もう一つの方法は、VMware vCenter Converter Standalone を使うことである。移行元のパソコンに、ダウンロードしてきた VMware vCenter Converter Standalone をインストール。仮想化した OS をファイルとして移行元のパソコン内に保存できるので、それを USB メモリ等を使って Mac へ移動。これで完了だ。この方法ならうまくいったし、ネットワークを経由して移行するよりスピードも速いはず。

***

VMware vCenter Converter Standalone での移行元 OS の変換が FAILED になって途中で中止される場合、以下のページを参考に Microsoft Security Essentials を削除したら解決した。

Converting a machine in VMware vCenter Converter fails with the error: SQL_CANTOPEN: unable to open database file (2096873) | VMware KB
https://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2096873

***

Mac でできあがった仮想化 OS を起動してみたら、動作環境が大幅に変わったせいか、Windows の認証を求められた。オンラインでの認証がうまくいかなかったので、電話による認証をした。

久しぶりに電話認証をしたよー。といっても、自動音声による操作だったので、あまり緊張しなかった。


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍