[Mac] Time Capsule がバックアップしなくなった

私の MacBook Pro 13″ を安心して使っているのは、Time Capsule で1時間ごとに自動バックアップがされているからだ。変更前のファイルをに戻したり、誤って消してしまったファイルを復元したり、Mac が動かなくなったときにシステムを復元したこともあった。これで何度救われたことか・・・。

Windows のころはバックアップソフトを使って何枚もの DVD-R にファイルを焼いたりしていた。それが Time Capsule ならワイヤレスで自動バックアップだ。ものすごくストレスフリーにパソコンが使えている。しかも、Time Capsule は無線 LAN ルーターを兼ねているのも便利。

混乱しやすいのが、Time Capsule と Time Machine の違いだ。Time Capsule は端末の名前だなのに対して、Time Machine は Mac のバックアップ機能のこと。Time Capsule を使って Time Machine ができる。ちなみに、特に Time Capsule を買わなくても外付け USB ハードディスクドライブなどにも Time Machine を使ってバックアップできる。しかし、私は何も考えずにワイヤレスでバックアップしてくれる Time Capsule が便利なのでそれを使うことにしている。少しでも億劫になると、バックアップを怠ってしまうからだ。

ふと Time Machine の実行具合を調べてみると、5日間ぐらいバックアップがされていない。Time Machine の Preference を開いてみると、ステータスが Stopping… と表示されたままずっと変わらない。何か異常が起きているようだ。

そこで、以下のサイトを参考にリセットをしてみた。

Time Capsuleの初期化リセットを2回試みました: GAJUMARUROCK
http://gajumarurock.blogspot.jp/2012/12/time-capsule-reset.html

工場出荷時の状態へハードリセットできた。

気付いたのが、AirPort Utility で Disks > Enable file sharing をオンにしていないと Time Machine として Time Capsule を使えないこと。最初オフにしていたから、Time Machine の Select Disk を開いてもディスクが表示されなくてしばらく悩んでいた。

リセットをしたらバックアップも今まで通りちゃんと動くようになった。

最新版の Time Capsule が欲しいけれど、まだ今のが壊れていないので使い続けよう。


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍