Hackintosh(macOS Sierra)に挑戦する

MacBook Pro Retina 13″ のパフォーマンスが悪くなってきた。やや挙動がおかしいこともある。パソコンとはそういうものなので、数年おきに最新の機種に買い換えるのがよい。パソコンを、ゲームやろくでもないサイトを見るだけで使う人には分からないだろうけど、パソコンはちゃんと使えば、大幅に生産性を上げ、さまざまなビジネスチャンスを生む道具になる。投資を惜しんではいけない。

数年ごとの買い換えなら、ソフマップ等で高額で買い取ってもらえる。それが新機種を買う資金にもなる。

ただ、現在は買い換えはお金がないので無理そうだ(本当はこういう時こそ投資すべきなんだけどね)。いろいろ考えた結果、Mac を自作することにした。いわゆる、Hackintosh である。

運用の狙いとしては、超ハイスペックな Hackintosh でヘビーな作業(Adobe アプリの使用や、動画エンコーディングなど)を行い、サブマシンとして、そして持ち運び用として現在の MacBook Pro 13″ を使うことにした。Mac Mini もあるが、これは予備に置いておくことにしよう。

私は大学生時代はよく Windows パソコンの自作をやっていた。しかし、最近はやらなくなったんだよ。なぜなら、自作パソコンは「割に合わなくなった」から。低価格でそれなりに高性能なノートパソコンが販売されるようになり、わざわざ自作するのはコストパフォーマンスが悪い。それに自作は基本的に Windows しか作れないので、Mac 派に転向した私には自作に興味がなくなった。そういうわけで、自作パソコンは解体してパーツを売ったり、処分してしまった。ところが、まさかまた自作をする気になるとは・・・。

参考にしたのは以下の2つのサイトだ。

The Always Up-to-Date Guide to Building a Hackintosh (macOS Sierra)
http://lifehacker.com/the-always-up-to-date-guide-to-building-a-hackintosh-o-5841604

How To Install macOS Sierra Hackintosh On PC [Guide] | Redmond Pie
http://www.redmondpie.com/how-to-install-macos-sierra-hackintosh-on-pc-guide/

パーツは Lihehaker の一番高性能な CustoMac Pro に合わせた。

組み立て後の、BIOS の設定も Lifehakcer を参考にした。

インストール用の USB サムドライブの作成と、実際のインストール作業では、Redmond Pie を参考にした。

新しく作るパソコンには、持っているパーツを流用しようと思っていたが、古いタイプで使えなかったり、そもそもパーツもほとんど手元にないし、結局ほとんど揃え直す必要があった。ただ、性能を考えると安上がりである。

以下がパーツ一覧だ。

PC ケース(ENERMAX ECB3010-B)
メモリ(CFD Panram DDR4-2133 288pin DIMM 8GBx2)
マザーボード(GIGABYTE GA-Z170X-UD3)
電源ユニット(玄人志向 KRPW-AK750W/88+)
CPU(Intel Core i7 6700K)
CPU水冷クーラー(Corsair H60 FN920 CW-9060007-WW)
SSD(Crucial CT275MX300SSD1)
PCI-Express無線LANアダプター(TP-LINK TL-WDN4800)
ディスプレイ(ASUS PB278Q)
ブルーレイドライブ(Pioneer BDR-207DBK)
マウス(Magic Mouse 2)
キーボード(Magic Keyboard 2)
15GB の USB サムドライブ
Princeton Bluetooth USB アダプター PTM-UBT7

手順に従ってインストールを進めたら、なんとか macOS Sierra が動いた!

メモリは 16GB 積んでいるし、すごくサクサク動く! これを求めていたんです。

ただ、うまくいかないこともちょくちょくある。

まず、動画や画像が多いサイトでは、ディスプレイがちらつく。これでは映画も見られない。

MultiBeast でオーディオドライバを入れたのに、音が出なかった。ただ、USB オーディオデバイスを使えば音が出る。

PC100USB | FOSTEX(フォステクス)
http://www.fostex.jp/products/pc100usb/

しかし、さらに問題が起きた。FileVault をオンにしたら、再起動後に OS が起動しなくなったのだ。何をやっても回復しなかったので、SSD をフォーマットして、またゼロから OS を入れ直した・・・。とはいっても、OS のインストールは1時間も掛からず、すぐ終わるからいいんだけど。。。

またおかしくなって OS を入れ直すのは面倒なので、Carbon Copy Cloner を使って、インストール直後の SSD を外付け HDD にクローン化した。これで OS が起動しなくても、バックアップのクローンから起動して、再び SSD へ復元すればいい。Carbon Copy Cloner で作成したクローンの HDD からの起動ができることもちゃんと確認できた。

Mac Backup Software | Carbon Copy Cloner | Bombich Software
https://bombich.com/

【2016-11-28 追記】
続きを書きました。

Hackintoshに挑戦する2 – with a Christian Wife
https://blog.withachristianwife.com/2016/11/28/building-hackintosh-2/


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍