twitter youtube tumblr flickr rss mail

category: misc

メガネを購入


本記事のタイトルとURL をコピーする

最近メガネを買っていなかったので、新年ということもあり新しく買うことにした。

ずっとほしかったメガネがある。それはスーパーマンのメガネだ。以下のページに写真が載っている。

Henry Cavill Wears Iconic Glasses in Batman v Superman: Dawn of Justice | Fashion & Lifestyle – SelectSpecs.com
http://www.selectspecs.com/fashion-lifestyle/henry-cavill-wears-iconic-glasses-in-batman-v-superman-dawn-of-justice/

日本のウェブサイトだと、スーパーマンのメガネは「ウェリントンメガネ」だと書いてあるが、英語情報だとウェリントンメガネという言葉が見当たらない。どういうことだろう・・・。とりあえず、「スーパーマンのメガネ」と呼ぶことにしよう。

たとえば、Zoff にはウェリントンメガネが売られているみたい。

SUPER LIGHT WELLINGTON(スーパーライト・ウェリントン) | メガネ通販のZoff[ゾフ]オンラインストア【眼鏡・めがねブランド】
http://www.zoff.co.jp/sp/super-light-wellington/

確かにウェリントンメガネを買えば、「私はスーパーマンだ」とテンションが上がる。しかし、ぱっと見、今のメガネと変わりがないんだよ。メガネが変えたことを周りの人に気付いてもらえないぐらい。

これでは意味がない。

せっかくメガネを変えるなら、抜本的なイメージチェンジが必要だ。それは自分が違和感を感じるほど突拍子のないメガネの方がいい。なぜならそれが現状というコンフォートゾーンを脱するきっかけになるからである。

人は現状を維持したがる。確かに現状は気持ちいい。だからコンフォートゾーン(心地よい領域)と呼ばれるのだ。しかし現状維持は衰退と同義である。自分のコンフォートゾーンを脱したとき、初めて人は成長できる。

というわけで、ウェリントンメガネを買うにしろ、どのメガネを買うにしろ、今とは全然違うタイプのメガネを買うことにした。今のメガネは普通の黒縁メガネだ。やや細めのタイプで、まあ平凡なタイプだ。だから、広いメガネにするとか、丸いメガネにするとか、色が派手なメガネにするとかがいい。

実は現在もちょっとおしゃれメガネを持っている。一見木でできているように見えるメガネで、JINS で見かけたときに一目惚れして買った。職場でそのメガネを掛けたときは、「変わったメガネですね」とよく言われたし、今でも人に会うときなどちょっとおしゃれモードの外出時にはこのメガネを使っている。しかも、ややウェリントンメガネっぽい感じのメガネだ。

そのおしゃれメガネは結構長い間使っているので慣れてきた。最初は違和感があったけど、今では完全にコンフォートゾーン内なのだ。やはり新しいメガネがほしい。

20170106_205338
上:木でできたようなメガネ
下:普段使いのメガネ

早速お店を数件見て回った。なかなかピンと来るものがなくて、何も買わずに帰ろうと思ったけど、お正月の安売りセールで比較的多数のラインナップがあり、おしゃれ系のメガネが多いパリミキで決めてしまうことにした。こういうやや強引な決断でもしないと、いつまでも買いそうになかったからだ。

眼鏡でお客様の未来を | パリミキ・メガネの三城
http://www.paris-miki.co.jp/

お店でしばらく悩んだ結果、最後まで悩んだ2つのメガネがあった。一つは赤紫色のメガネ。大きめのメガネで、ややウェリントンメガネっぽい。

もう一つは形状は今のメガネと似ているけれど、色がブルーできらきらした感じ。

結局赤紫色のメガネにしました。セールで 5000 円だったけど、ブルーライト・カットを付けたら 7000 円になった。

数日後にメガネを取りに行ったけど、その数日間で気が変わった。赤紫色のメガネはなんだかんだで「無難な方」を選んでしまったのではなかろうか、と思うようになった。しっくりくる、違和感のないほうにしてしまったのではないか・・・。

ということで、赤紫色のメガネを取りに行くついでに、そのままブルーのメガネも一緒に買ってしまいました! こちらはブルーライト・カットを付けなかったので、4800 円だった。ブルーのメガネは在庫があったのでその日のうちに受け取りができた。

お店は若い女性の店員さんで、結構調整を一生懸命やってくれた。私自身合っているのか合っていないのか分からないような調整ですら、「もうちょっと調整しますね」と何度も直してくれる。いい加減に調整するお店が多い中、プロ意識を感じた!

というわけで、2つ新しいメガネを買った。モードによって使い分けてみよう。あえて今までのメガネを使わず、新しい方を使っていこうと思う。

20170106_205401


書籍