ブログを wpX からファイアバードへ引っ越しする

       

 computer

               

MediaWiki を作るためミニバードを試用していた。

ドメインレジストラは GoDaddy を使い、ブログは wpX にサブドメインでホスティングしている。そこでミニバードへ別のサブドメインで MediaWiki をホスティングしようとしていた。

しかし、結局は一つのドメインレジストラ(GoDaddy)に一つのレンタルサーバー(ファイアバード)を使うことにした。料金的にも、今後の拡張性を考えても、利用するレンタルサーバーは一つに集約することにしたのだ。

すなわち、wpX で運営しているいくつかの WordPress をすべてファイアバードに移行し、そこで同時に MediaWiki を使う。ミニバードではなくファイアバードにしたわけは、データベースが 10 個まで使えることと、それでも料金が wpX より安いからだ。データベースが 10 個あれば WordPress も MediaWiki も個人で使う分には十分の数を作れる。

その手順をまとめる。(なお、今回は WordPress のデータベースの掃除を兼ねて、ゼロから WordPress を構築し直すことにした。)

(0)WordPress で「Tools > Export」でコンテンツを書き出しておく。

(1)wpX へログインし「サーバー管理>ドメイン管理>DNS 設定」で対象ドメインを選択。登録している DNS レコードを削除する。

(2)ドメインレジストラとして利用している GoDaddy でネームサーバーを変更する。ファイアバードの登録時にメールでネームサーバー情報が送られてくるので、それを記入する。

(3)ファイアバードで「サーバー管理ツール>ドメイン>ドメイン設定>ドメイン追加」で2のドメインを追加。ドメイン追加完了画面に FTP アドレスが表示される。

(4)WordPress をダウンロードしてきて解凍し、3の FTP サーバーへファイルをアップロードする。

Download WordPress
wordpress.org/download/

(5)ファイアバードの「サーバー管理ツール>ホームページ>データベース設定」で MySQL データベースと MySQL ユーザを作成し、MySQL データベースに MySQL ユーザを割り当てる。

(6)しばらくして、ファイルをアップロードしたドメインにアクセスすると WordPress の設定画面に行けるが、私の環境では以下のように表示された。

Your server is running PHP version 5.1.6 but WordPress 4.7.3 requires at least 5.2.4.

すなわち、PHP のバージョンが 5.2.4 以上が必要だけど、ファイアバードの PHP バージョンが 5.1.6 なのだそうだ。

そこで、以下の方法で PHP のバージョンを変更する。

ユーザーサポート – サポートマニュアル /高機能な大容量レンタルサーバーのファイアバード
www.firebird.jp/support/man/homepage_program_php_ver.php

(6)再びドメインにアクセスすると WordPress のインストールができるようになる。途中データベース情報は5で設定した情報を入力すればいい。

(7)インストール完了後0で書き出したコンテンツをインポートすればいい。


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍