[Mac] VPN Activator(失敗)

Raspberry Pi での VPN の構築に失敗したことを書いた。

Raspberry Pi で SoftEther(失敗) – with a Christian Wife
blog.withachristianwife.com/2017/05/18/softether-with-raspberry-pi/

そこで今回は Mac Mini を使って VPN の構築に挑戦することにした。Mac Mini は 24 時間稼働させているからね。

Mac での VPN 構築には VPN Activator を使うと楽にできるそうだ。

そのために、まずはルーターのポートを開放する。私の所有するルーターの NetGenesis GigaLink1000 の場合は以下のようになる。

(1)先日の IP アドレスの固定をした時と同じ方法で、未使用で通常なら使わないであろう IP アドレスを特定する。

Raspberry Pi の IP アドレスを固定する – with a Christian Wife
blog.withachristianwife.com/2017/05/17/static-ip-on-raspberry-pi/

(2)http://192.168.0.1/ へアクセスし、「WAN ポートの設定>IP カスケードテーブル設定」をクリック。

(3)以下の4つの登録リストが並んでいてよく分からないけど、おそらくルーターで使用中の LAN ポートの番号と対応していると勝手に予想する。私は LAN ポート1を使っているので、「PPPoE ポート1(セッション1) 登録リスト」だと思う。

PPPoE ポート1(セッション1) 登録リスト
PPPoE ポート2(セッション2) 登録リスト
PPPoE ポート3(セッション3) 登録リスト
PPPoE ポート4(セッション4) 登録リスト

(4)「PPPoE ポート1(セッション1) 登録リスト」の編集ボタンを押す。VPN Activator で L2TP の VPN を使用するために開放する必要があるのは、UDP 500, 1701, 4500 なので、以下のように追加していく。

プロトコル:UDP
変換 IP アドレス:1で特定した IP アドレス
先頭ポート番号:500
終了ポート番号:500
※ 500 の部分を 1701、4500 に変えてさらに追加する。

(5)VPN Activator をインストールする。

Netputing » VPN Activator
www.netputing.com/applications/vpn-activator/

(6)VPN Activator を開き、以下のように設定する。

Client IP Address Range:1の IP アドレス
DNS:変更しなくてもいい
User Settings:任意のユーザー名、パスワード
L2TP Config:任意の文字列

(7)左のスイッチをオンにする。

これで iOS から接続できるはず・・・が、接続できず。。。

参考:
MacをL2TP/IPsecのVPNサーバー化、テザリング接続のMacBook AirからVPN接続: あれやこれや備忘録
iici.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/macbook-prol2tp.html

クライアント版MacをVPNサーバにする[追記・訂正あり] : プラスα空間
oichinote.com/plus/2012/02/macvpn-9fb1.html

MAC&Life journal: MACでVPNサーバを構築(VPN Activator)
samandlinda.blogspot.jp/2013/03/macvpnvpn-activator.html


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍