twitter youtube tumblr flickr rss mail

category: computer

IIJmio を音声通話機能付き SIM に変更した


本記事のタイトルとURL をコピーする

私はモバイル端末(iPhone、iPad)の通信に MVNO の IIJmio および mineoを使っている。

個人向けSIM・インターネットサービスのIIJmio
https://www.iijmio.jp/

mineo(マイネオ)|ドコモ・auどちらでも使えるおトクな格安スマホ(SIM)
http://mineo.jp/

以前、IIJmio のプランをファミリーシェアプランからミニマムスタートプランに変更したことを書いた。

IIJmio をファミリーシェアプランからミニマムスタートプランに変更する – with a Christian Wife
https://blog.withachristianwife.com/2016/10/22/changing-iijmio-plan/

私は電話は IP 電話を使っているが、最近引っ越し関係でいろいろ電話での手続きをして分かったことが、コールセンターへの電話で IP 電話に対応していないものがあること。そういう時は、ワイフの携帯電話を借りるか公衆電話に電話をしに行かなければならない。

これを機に通常の携帯電話の番号を持つことにした。現在 IIJmio も mineo もデータ通信のみなので(IP 電話はデータ通信さえできればいい)、IIJmio の2枚持っている SIM のうち(どちらも SMS 機能付きにしている)1枚を音声通話機能付き SIM(みおふぉん)に変更することにした。mineo に関しては今までどおりである。

IIJmio のミニマムスタートプランで SIM 2枚を運用する方法から、通話機能付き SIM を追加してファミリーシェアプランで SIM 3枚を運用しようとも思ったが、計算してみたところ値段が2倍以上になってしまう。ミニマムスタートプランのままで SIM を交換する方が基本料金が 700 円程度上がるだけで済むと分かった。これにしよう。

MVNOデータプラン比較_20170925

SIM の変更には事務手数料が掛かるけれど、なぜか現在は変更手数料が免除された。

ネットで申し込んだら5日後には SIM が届いた。交換する古い SIM は新しい SIM が届く日になると通信ができない状態になっていた。

音声 SIM は普段 iPad に挿して使う(iPad に音声 SIM を挿しても電話はできない)。電話する時だけ、SIM カードを取り出して別のスマートフォンに挿して使う。少し面倒だけど、電話の発信はたまにしかしないから、こういう運用で問題ない。


書籍