macOS High Sierra の Time Machine サーバー機能を使う

       

 computer

               

ここ1週間ほど Time Capsule の調子が悪い。Preparing backup… のまま止まってしまい、バックアップが始まらないのだ。Time Capsule を使った Time Machine 機能は、安心して Mac を使うために欠かせないツールである。

Time Machine の保存先として使う Time Capsule のディスクをフォーマットしたり、いろいろ試してみたがうまくいかない。そんな時に知ったのが、macOS High Sierra の Time Machine サーバー機能だ。要するに、他の Mac を Time Machine の保存先として使えるのだ。もちろん、保存先の Mac に接続した外付け HDD も保存先として使える。

【Time Machine サーバー用の Mac の設定】

(1) 外付け HDD を接続する。

(2)「Mac > Preferences > Sharing」で「File Sharing」にチェックを入れる。

(3)「Shared Folder」に1で接続した外付け HDD を指定する。

(4)3で「右クリック > Advanced Options > Share as a Time Machine backup destination」にチェックを入れる。OK をクリック。

【バックアップをしたい Mac の設定】

(5)「Mac > Preferences > Time Machine > Select Disk」で先ほどの HDD が選択できるようになっているはずなので、選択。

これで設定完了だ。

ただ、それでもまだ Preparing backup… のまま止まってしまう・・・。4で Share over を AFP にしたりしても変わらず。

参考:
macOS High Sierraでは、Time Machineサーバーの機能がOS標準機能として組み込まれました。設定方法を解説します。 – starnote*
starrrrr.com/entry/time-machine-on-high-sierra

Time Machineのバックアップ先をSMBからAFPに変更:隠れた財産:オルタナティブ・ブログ
blogs.itmedia.co.jp/satohiroshi/2013/09/time-machinesmb-5ac0.html


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍