ConoHa VPS はアカウントを放置しておける

       

 computer

               

ConoHa の VPS を Mastodon をセットアップするために契約した。

しかし、Mastodon がうまくいかなかったので、すぐに解約してしまおうと思ったら、まだ初回の支払いが済んでいないので解約できないと表示された。まあ、契約して数日だもんね。

ConoHa は1ヶ月に満たない部分は日割りとなる。その日割りの計算は VPS の使用時間となるようだ。私は少額で済みそうだ。

ただこれは、サーバーを「停止」しているだけでは使用していることになってしまう。サーバーを削除する必要がある。

となると、いちいち解約しなくても、もしまた VPS を利用したくなるまでの間はサーバーを削除しておけば利用料が掛からない。使いたくなったら再度サーバーを作成すればいいわけだ。しかもサーバーを削除しても、保存していたイメージは残るので、ゼロから作る必要はないのは便利だ。

参考:
ConoHa の VPS はサーバを「停止」していても課金される – 約束の地
obel.hatenablog.jp/entry/20170828/1503887228


> 記事のタイトルとURL をコピーする <
書籍