源ノ明朝と源ノ角ゴシックフォントを使う

これまで自分の書籍の制作では IPA フォントを使ってきた。

IPAexフォント/IPAフォント | IPAフォントのダウンロードサイトです
https://ipafont.ipa.go.jp/#jp

しかし、現在制作中の本では源ノ明朝と源ノ角ゴシックを使ってみることにした。

源ノ明朝
https://source.typekit.com/source-han-serif/jp/

書籍制作には InDesign を使う。Adobe Creative Cloud に加入しているので、Adobe Typekit を使える。

以下のページから SYNC ALL ボタンを押せば、InDesign ですぐ使えるようになった。

Source Han Serif Japanese | Typekit
https://typekit.com/fonts/source-han-serif-japanese

Source Han Sans Japanese | Typekit
https://typekit.com/fonts/source-han-sans-japanese

Source Han Serif が源ノ明朝で、Source Han Sans が源ノ角ゴシックのことだ。


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍