[読書メモ]『同時通訳者 鳥飼玖美子』

p164
君もいつかきっと、自分の歌をうたいたくなるよ


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍