[Mac] 指定フォルダ内の写真の位置情報を自動削除する

       

 computer

               

写真をオンラインに公開したいときに、写真に含まれる位置情報が公開されてしまうサイトがある。そういう場合は予め位置情報を削除しておく必要があったりする。

そこで Mac で指定フォルダへ写真を入れれば、自動的に位置情報が削除するようにしてみた。

使用ツール:ExifTool(無料)、Hazel(有料)、Automator(Mac 標準アプリ)

(1)ExifTool と Hazel をインストールする。

ExifTool by Phil Harvey
sno.phy.queensu.ca/~phil/exiftool/

Noodlesoft – Noodlesoft – Simply Useful Software
www.noodlesoft.com/

(2)位置情報削除用のフォルダを作成する。

(3)Automator を開き、Workflow を新規作成する(私は Mac を英語で使用している)。

(4)左の検索欄から Run Shell Script を検索し、右側へドラッグアンドドロップ。

(5)Run Shell Script 内を以下のように設定する。

・Shell: /bin/bash
・Pass input: to stdin
・シェルスクリプト: /usr/local/bin/exiftool -geotag= [2のフォルダへのパス]

これで試しに2のフォルダに位置情報が含まれた写真を入れ、Automator で Run をクリック。すると、位置情報が削除された画像(およびバックアップの画像)が作成される。

(6)File>Save で Workflow を保存する。

(7)Hazel を開き2のフォルダを追加。

(8)7に対して Rules を+ボタンで追加。以下のように設定する。

・Name: 適当に分かりやすい名前
・If all of the following conditions are met: Extension is jpg
・Do the following to the matched file or folder: Run Automator workflow [6のファイルを指定]

OK で保存。

これで2のフォルダに JPG ファイルを入れるだけで、自動的に位置情報を削除される。

参考:
exiftool Application Documentation
sno.phy.queensu.ca/~phil/exiftool/exiftool_pod.html#GEOTAGGING-EXAMPLES

[Raspberry Pi] 3.5 インチタッチ液晶でデジタルフォトフレーム – with a Christian Wife
blog.withachristianwife.com/2018/06/06/digital-photo-frame-with-raspberrypi/

MacでExif情報を編集するにはexiftoolがおすすめ | Info shelf
ryuichi0801.com/exiftool/


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍