Google prompt を使った二段階認証

Google のアカウントはいくつか持っているが、そのうちあまり使わないアカウントに二段階認証の設定をした。最初に電話番号を登録すると、さらに二段階認証用のアプリとして Authy を登録した。そう、最初に一旦電話番号を登録する必要がある。

その電話番号が問題だった。Google では認証コードの受け取りとして音声あるいは SMS で受け取れる。音声での受け取りなら SMS を受け取れない IP 電話でも登録できる。そういうわけで、電話番号登録時に IP 電話を登録していた。

しかし、それが間違いだった。

普通にアカウントにログインはできる。アカウント名、パスワードを入力。初めての端末なら Authy でのコードの入力も聞かれる。ここまでは問題ない。

でも、アカウント関係の詳細設定(セキュリティ設定を変更など)を行おうとすると、あまりアクセスしないアカウントのせいか、電話番号で受け取った認証コードの入力が求められる。それがなぜか SMS なのだ。確かに認証コードの受け取りで音声を選んだはずなのに。

ここで「別の方法」を選んで、代替メールやリカバリー用の電話番号での認証が選べるはずなのに、その選択肢が出てこない・・・。

こういう場合は、ヘルプに従ってアカウントの設定を変えればいいらしいけど、その設定変更のために SMS 認証が必要となり、結局元に戻る・・・。

今回はあまり使わないアカウントなので放置しても問題ないけれど、もしもメインのアカウントだったら非常に困ったことになるところだった。

しかし、何度か繰り返すうちに、Google prompt による認証を試してみますかという表示が出てきた。試しにオンにしてみると、iPad の Gmail アプリを認証アプリとして使えるようになった。すなわち、SMS の代わりに認証を進めるようになったのだ。

これで無事セキュリティー設定を変更でき、念のため認証の選択肢として SMS を受け取れる電話番号に変更しておいた。


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍