さくらの VPS で Mastodon を簡単インストール

これまで何度か Mastodon のインストールに挑戦してきた。Raspberry Pi や Conoha の VPS や Mac の VMware Fusion 上などいろいろ試したが、どれもインストールに失敗したり、インストールできても変な不具合が出たりした。知識がないのでネットの情報を参考にコピペで作っているから、問題が起きても原因が分からない。

それでも Mastodon を設置したくて、何ヶ月かに一度は思い出して挑戦してきた。最近も挑戦したけど何日かやってみて挫折。そこで、今回はさくらの VPS が用意している「スタートアップスクリプト」で、簡単に Mastodon をインストールしてみることにした。

Conoha の VPS にも同じように簡単にインストールできるスクリプトがあるが、インストール後に変なエラーが出て使うのをやめた。それと VPS を使う限り料金が発生するので、使いたくないと思っていた。それでも、Mastodon を使ってみたくて、今回やってみることにしたわけだ。

***

今回はどちらかというと実験的な作業なので、ドメインは Freenom で無料のものを取得した。うまくいけば、今後サブドメインとかで構築したい。

(1)さくらの VPS に会員登録。2週間のお試し期間があるが、会員登録時にクレジットカード情報を登録し、一旦引き落とされるみたい。お試し期間中にキャンセルすれば返金されるという仕組みなのかな。

サーバーは 1GB、SSD 30GB を選択した。東京拠点は受付が締め切られていたので大阪拠点にした。

VPS(仮想専用サーバー)|さくらインターネット – 無料お試し実施中
vps.sakura.ad.jp/

(2)Freenom でドメインを取得。

(3)Freenom で DNS レコードの設定をする。以下の 192.168.0.2 を さくらの VPS で割り当てられたサーバー IP アドレスに、vps.example.com を取得したドメインに置き換えて設定。TLL はこの段階では短めにし、うまくアクセスできることを確認してから長くすればいいだろう。

(空欄)A 192.0.2.1
(空欄)MX 10 vps.example.com(10 は Priority 欄に記入)
(空欄)TXT “v=spf1 +ip4:192.0.2.1 +ip6:2001:db8:1:2:192.0.2.1 ~all”

参考:
さくらのVPS、スタートアップスクリプト「Mastodon」の提供を開始 – さくらのVPSニュース
vps-news.sakura.ad.jp/2018/08/21/startup-mastodon/
(このページでは TXT レコードの末尾が -all となっているけど、~all の間違いだと思う。)

ムームードメインで取得したドメインを他社のサービスで利用したい場合 – ChinoBlog
blog.nekonote.cc/2013/02/muumuu-dns/

(4)ネームサーバーは Freenom のものをそのまま使うので、何もしない。

(5)さくらの VPS で、以下のサーバー一覧でサーバーを選択。

サーバ一覧 – さくらのVPSコントロールパネル
secure.sakura.ad.jp/vps/#/servers

右上の「各種設定>ホスト逆引き登録」でカスタムを選び、ドメイン名を入力。

(6)右上の「各種設定>OS インストール」をクリック。以下のように設定して、インストール。

・OS:標準 OS
・インストール OS:CentOS 7 x86_64
・パスワード:任意のパスワード
・スタートアップスクリプト:[public] CentOS_Mastodon
・使用するドメイン名:任意のドメイン

15 分ぐらいで Mastodon にアクセスできるようになった! 確かにこれは簡単だ。

ただ、お試し期間中なのでメールの送信ができない。すなわち、Mastodon に新規登録できない。これでは動作を確認できないではないか・・・。

無料お試し期間について教えてください。 – さくらのサポート情報
help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/206071002


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍