[読書メモ]『王様でたどるイギリス史』

p19
ノルマン・コンクェスト後、フランス語がイギリスの公用語として政界や上流社会で使われるようになりました。これは1360年まで続きます。

p91
海賊行為のうち国家あるいは国王が公認しているものを「私掠(しりゃく)」と言います。

p101
ヨーロッパ諸国で、イギリスほど身分差別が固定化された国はありません。

p103
もちろん現在は階級制度などどこにもなく、あるのは意識だけなのですが、イギリス人の多くは、今のこうした階級差を納得しているという驚くべき事実があります。

p168
イギリス王で初めてペット犬を愛玩(あいがん)したのはチャールズ2世でした。

p169
現在のイギリス王室も犬が好きで、10匹以上飼われているようです。

[amazonjs asin=”400500847X” locale=”JP” title=”王様でたどるイギリス史 (岩波ジュニア新書)”]


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍