[Mac][テキストエディタ] Sublime Text v Atom

最近は Mac のテキストエディタとして Sublime Text を愛用している。

Sublime Text – A sophisticated text editor for code, markup and prose
https://www.sublimetext.com/

Sublime Text は特に保存作業をせずにアプリケーションを閉じても、次に立ち上げたときにそのまま内容が保持されている。ちょっとしたメモに便利だ。単純なテキストエディタなのでプレーンテキストでメモできるし、アプリケーション自体も軽い。もちろんメモだけでなく、コーディングの際も活躍する。

Sublime Text は無料で使える。その場合ファイルを保存する際に有料版を促すダイアログが出てくるがキャンセルを押せばいい。

類似のアプリケーションとして Atom がオススメされているのをよく見かけるので試してみた。こちらは完全に無料だ。

Atom
https://atom.io/

Sublime Text 同様にアプリケーションを閉じても内容が保持されるのは問題ない。

Markdown のプレビューができたりするのは便利だと思ったけれど、そもそも自分は Markdown をほとんど使わないので不要だ。

問題は保存だ。Sublime Text は保存のダイアログを開くと、テキスト内容の1行目がファイル名として自動で入る。これが Atom ではできず、単に空白である。ちょっとしたことだけど、1行目がデフォルトのファイル名になる仕様はブログの原稿を書く際に活躍する。ブログタイトルを1行目に書いて記事を完成させ、保存するからだ。

そういうわけで Atom は少しだけ使ってすぐに Sublime Text に戻った。

以前は Mac でブログのドラフトを書くツールとして Scrivener を使っていた。

Scrivener | Literature & Latte
https://www.literatureandlatte.com/scrivener/overview

しかし、もう Sublime Text でブログを書いている。簡単に新しいページを追加できる Scrivener と違って、Sublime Text はいちいち1記事ごとにテキストファイルとして保存するのは面倒だけど、やはり Scrivener は仰々しい。単にブログ記事を書いているだけだから。Scrivener はもっと大規模の執筆に向いている。

また Sublime Text のテキストファイルを保存しているフォルダを GitBucket と同期することで、iPad で出先でブログ記事を書けるようにもなった。Scrivener の iOS アプリは不安定な感じなので信用できない。


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍