[Hackintosh] MacInfoPkg で Board Serial Number 生成

config.plist の SMBIOS の設定の際に、シリアル番号を入力する必要がある。

普通の Serial Number は Generate New をクリックすると自動生成されるので、以下のサイトで未使用であることを確認して採用すればいい。

製品の保証状況とサービス期間を確認する – Apple サポート
https://checkcoverage.apple.com/jp/ja/

もう一つ Board Serial Number に関しては勝手に入力されるようなので何も記入しなくていいっぽいんだけど、海外の Hackintosh 作成指南のサイトには自分で入力せよと書いてあるものもある。

Board Serial Number の生成には MacInfoPkg を使えばいい。

acidanthera/MacInfoPkg: Mac Platform Information
https://github.com/acidanthera/MacInfoPkg

(1)以下のサイトで macserial-X.X.X-mac.zip をダウンロード、解答。

Releases · acidanthera/MacInfoPkg
https://github.com/acidanthera/MacInfoPkg/releases

(2)Terminal に1でできたファイルをドラッグアンドドロップして return キーを押すと、現在の Mac の情報が表示される。

新規にシリアルを生成するには –generate オプションを付ければいい。現在のモデルの Serial Number および Board Serial Number が生成される。

その他のモデルのシリアルを生成したければ –generate-all オプションで全モデルのシリアルが生成できる。

特定モデル(例えば iMac18,3 とする)のシリアルなら –generate-all | grep -i iMac18,3 オプションにすればいい。

参考:
正しく機種設定する (SMBIOSの設定) – Boot macOS
https://bootmacos.com/entry/2017/09/18/195205

corpnewtさんのバニラガイド~Coffee Lake用config.plist – Boot macOS
https://bootmacos.com/entry/2019/01/13/005222


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍