Hackintosh に挑戦する 2019(3)

前々回、前回のエントリーは以下。

Hackintosh に挑戦する 2019(1) – with a Christian Wife
https://blog.withachristianwife.com/2019/08/20/hackintosh-2019-1/

Hackintosh に挑戦する 2019(2) – with a Christian Wife
https://blog.withachristianwife.com/2019/08/21/hackintosh-2019-2/

インストールが完了して macOS が起動したので、その他の設定をしていく。

(1)Clover を新 Hackintosh にもインストールする。

この際以下の3つだけのチェックを入れておく。

・Clover for UEFI booting only
・Install Clover in the ESP
・Drivers off

(2)Terminal を開いて $ diskutil list でディスクの一覧を取得する。

以下のコマンドで、Install macOS Mojave(まだ新 Hackintosh に刺さったままのはず)および新 Hackintosh の EFI パーティションをマウントする(disk0s1 の部分は自分の環境に合わせて変更)。

$ sudo diskutil mount /dev/disk0s1

(3)Install macOS Mojave の EFI フォルダからを新 Hackintosh の EFI パーティションへ以下の3つをコピーする。

・config.plist(上書き)
・kext
・ドライバー

これで USB メモリーの出番は終わりだ。

***

【グラフィック】
グラフィックカードは以下を使っているが、特に何もしなくてもディスプレイを繋げば使える(インストール時にもディスプレイが使えていた)。

【WiFi】
WiFi は PCI-Expressの「TP-LINK WIFI AC1900」を接続するだけでそのまま接続できる。

【音】
HDMI ディスプレイにスピーカーが付いていると何もしなくてもそこから音が鳴る。しかし、オーディオミニジャックから音を出すには VooDooHDA.kext を EFI>CLOVER>kexts>Other へ入れる。

VoodooHDA – Browse Files at SourceForge.net
https://sourceforge.net/projects/voodoohda/files/

【有線 LAN】
有線 LAN はオンマザーボードの LAN が Intel なので、EFI>CLOVER>kexts>Other へ IntelMausiEthernet.kext を入れる。

RehabMan / OS-X-intel-network / Downloads — Bitbucket
https://bitbucket.org/RehabMan/os-x-intel-network/downloads/

これで有線 LAN に接続できるようになったが、もう一つ設定が必要だ。

「リンゴマーク>About This Mac>Overview>System Report>Network」を見ると、Ethernet の BSD Device Name が en2 となっており、Wi-Fi が en0 となっている。Ethernet が en0 でないとトラブルが発生することがるらしいので、以下のような対策をして Ethernet が en0 とする必要がある。

Finder>Go>Go to Folder で「/Library/Preferences/SystemConfiguration/」へ行き、以下の2つのファイルを削除。Mac を再起動。

・NetworkInterfaces.plist
・preferences.plist

参考:
[Hackintosh] Ethernet 設定 – with a Christian Wife
https://blog.withachristianwife.com/2019/05/06/ethernet-on-hackintosh/

これで完成だ。


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍