コミュファ光が開通した

現在済んでいる貸家に光回線を引くことにしたのに際して、光回線業者のコミュファ光と貸家の管理者(オーナー)との間で “押し問答” が続いていることについて書いた。

コミュファ光に申し込んだ – with a Christian Wife
https://blog.withachristianwife.com/2019/08/02/registering-commufa/

コミュファ光に申し込んだ2 – with a Christian Wife
https://blog.withachristianwife.com/2019/08/07/registering-commufa-2/

押し問答は、オーナーとコミュファ光との間に私がいて、伝言ゲームになっていたことも原因であるが、その後オーナーの厚意でコミュファ光と直接話をしてくれることになった。私が板挟みになる必要がなくなったのだ!

話が進んだ結果、家の回線調査を行い、調査日にその場でオーナーとコミュファ光の回線調査の担当者が電話で話すことになった。これで実際にどんな回線工事になるのかがオーナーに適切に伝わるわけだ。

そして回線調査日がやってきた。前の入居者が同じコミュファ光を使っていたこともあり、壁に穴を開けるような工事も不要で、配線をするだけで済むと分かった。オーナーとも連絡がつき、工事をしてもらった。(コミュファ光のコールセンターの話では、まずは回線調査だけだと聞いていたはずだけど、工事まですることになった。工事まで進めることもオーナーに許可をもらった。)

電柱から線を引き込んだりするので、はしご車での作業となり、1時間半ほど掛かった。家の前だけでなく、ちょっと離れた場所の電柱でも作業をしていたみたい。

回線工事まで済み、端末も導入されてすぐにインターネットが使えるようになった。開通はまだまだ後日だと思っていたので早く繋がってよかった。そして回線速度を計測してみたら、これで遅い WiMAX とは桁違いの速さだ。これでいろいろはかどりそう!


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍