InDesign で面付けのデータ結合

QR コードを大量に作成する必要が出てきた。

そういう時は InDesign のデータ結合を使うと簡単だ。

(1)コンマ区切りの csv あるいはタブ区切りのテキストファイルを作成する。その際、1行目をフィールド名とするんだけど、QR コードのフィールド名の頭には # を付ける(ちなみに、画像パスを指定する場合は頭に @ を付ける)。

なおエクセルで作成するには UTF-16 Unicode Text (.txt) でタブ区切りのテキストファイルとして保存(Save As)すればよかった。

(2)InDesign で QR コードを配置したい位置に空のフィールドを作成する。

(3)データ結合パネルのオプションから「データソースを選択」をクリック。1のファイルを指定する。データ結合パネル内に1のフィールド名が読み込まれるはず。

(4)データ結合パネルのオプションから「結合ドキュメントを作成」をクリック。「レコード>ドキュメントページあたりのレコード」で「複数レコード」を選択。「複数レコードレイアウトをプレビュー」にチェックを入れる。「複数レコードレイアウト」タブで配置するデータ同士の間隔を指定できる。OK 。

これで面付けのデータ結合ができあがる。

参考:
No.33 データ結合 | InDesign CS2 | 勉強部屋 | study-room
https://study-room.info/id/studyroom/cs2/study33.html

No.12 データ結合がQRコードに対応 | InDesign CC 2014 | 勉強部屋 | study-room
https://study-room.info/id/studyroom/cc2014/study12.html

InDesignで画像付き面付け差し込み印刷する方法 – MEMOUK
https://67.org/uk/2013/07/indesigncc.html


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍