[Hackintosh] macOS 10.15.1 へのアップデート1

macOS Catalina にしてから数日に1回フリーズするようになった。ちょうど macOS 10.15.1 Update の通知が来たので、アップデートによって改善するかもしれないと期待して普通にアップデートすることにした。いつも Software Update を実行するだけで、問題なくアップデートできていたからだ。

しかし今回に限っては問題が起きた。macOS 10.15 から 10.15.1 へのアップデートで、アップデート後に Clover メニューで OS を選択すると、ずっと黒い画面のまま止まってしまう。3時間近く待ってもそのままだったので、何か問題が起きたようだ。

アップデート前にはもちろんバックアップを取っていて、それに救われた。バックアップは2重に取っていて、一つは TimeMachine 、もう一つは Carbon Copy Cloner である。

TimeMachine はアップデート直前に実行。タスクバーのアイコンから Backup Now をクリックすればいい。

Carbon Copy Cloner はドライブを丸ごとコピーできるアプリケーションだ。私は Carbon Copy Cloner でのコピー先として専用のドライブを付けており、こういうアップデート前には Carbon Copy Cloner で OS 丸ごとバックアップしている。

Mac Backup Software | Carbon Copy Cloner | Bombich Software
https://bombich.com/

Carbon Copy Cloner でバックアップすると、Clover メニューにもブート可能なドライブとして表示されるようになる。今回のように OS が起動できなくなった場合は、そのバックアップドライブで Mac を起動する。そして Carbon Copy Cloner を起動すると、「これはバックアップ先のドライブだけど復元するか」と聞いてくるので、画面に従って復元を実行すればいい。といっても、バックアップ先のドライブを、元のドライブへコピーするだけの作業である。

これで元のドライブから起動できるようになった。

TimeMachine のように「知らない間にバックアップしてくれる」機能と違って Carbon Copy Cloner は手動バックアップにしているので、多少面倒かもしれないが、今回のような事態では大いに助かった。

(2へ続く)


> 記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍