twitter youtube tumblr flickr rss mail

category: computer

InDesign を軽くする設定


本記事のタイトルとURL をコピーする

環境:InDesign CC 15.0.1

書籍の制作で InDesign を使っていると、特に日本語入力でアプリケーションの動作がすごく重くなった。

なので、以下のページを参考に InDesign を軽くする設定した。

InDesignを軽快に使うためのヒント – DTP Transit
https://www.dtp-transit.jp/adobe/indesign/post_1042.html

私がやった設定は以下。

・ライブプリフライトをオフに(これはもともとオフにしていた)。
・「InDesign>環境設定>表示画質>オプション>デフォルト表示」を「一般画質」に。
・「InDesign>環境設定>表示画質>表示画質を調整」で「高品質」と「一般」でアンチエイリアスのチェックを外す。
・「InDesign>環境設定>高度なテキスト>デフォルトのコンポーザー」を「Adobe 日本語単数行コンポーザー」にする。
・「InDesign>環境設定>高度なテキスト>コンテキスト機能からのテキスト制御>選択された文字の異体字を表示」をオフに。
・「InDesign>環境設定>高度なテキスト>テキスト / テキストフレーム選択で適用可能な異体字属性を表示」をオフに。
・「InDesign>環境設定>Publish Online>Publish Online を無効にする」にチェックを入れる。
・「表示>グリッドとガイド>文字数を隠す」をクリック。
・使用頻度が低いパレットは閉じる。

その他
・文字入力はテキストエディタで入力したものをコピペ。

参考:
三報社印刷社員の勉強部屋 – InDesignのコンポーザー
http://www.sanposha.co.jp/blog/index.php?controller=post&action=view&id_post=151


書籍