twitter youtube tumblr flickr rss mail

category: Raspberry Pi

[Raspberry Pi][Buster] Chromium の更新失敗通知をなんとかする2


本記事のタイトルとURL をコピーする

以前 Raspberry Pi の Chromium で更新通知のポップアップが表示されることについて書いた。ポップアップが出ないよういろいろ試したが、あのときはうまくいかなかった。

[Raspberry Pi][Buster] Chromium の更新失敗通知をなんとかする(失敗) – with a Christian Wife
https://blog.withachristianwife.com/2020/03/19/stop-update-notification-in-chromium-on-raspi/

具体的な症状を再確認する。Raspberry Pi を起動後 Chromium を起動。しばらくする右上に “Can’t update Chromium” というポップアップが表示される。バツマークをクリックしても次の Raspberry Pi & Chromium の起動時にポップアップが表示される。

Reinstall Chromium をクリックしても Chrome のダウンロードページに行ってしまう。Chromium のオプションメニューにも Chromium is out of date と表示され、これをクリックしても Chrome のダウンロードページに行くだけ。

Raspberry Pi のアップデートや Chromium のアップデート、再インストールを試したりしたが症状は変わらなかった。

これに関しては、海外でも報告がある。

New “Can’t update Chromium” message? – Raspberry Pi Forums
https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?t=264399

***

ということで、修正バージョンが出るまで待とうと思っていた。ポップアップは閉じればいいし。

しかし、ブログにメッセージを送ってくれた方がいて、解決方法を教えてくださった(ありがとうございます!)。さっそく、その方法を試してみた。

環境:Raspberry Pi 3 Model B、Raspbian Buster

以下の作業は、要するに Developer Build に差し替えるということだ。通常のアップデートでは Official Build にしかアップデートできない。

Chromium のバージョンの確認は「右上の3点アイコン>About Chromium」をクリックする。最初は、Version 78.0.3904.108 (Official Build) Built on Raspbian, running on Raspbian 10 (32-bit) となっていた。

(0)Chromium を閉じる。

(1)「ラズベリーパイアイコン>Preferences>Add / Remove Software」をクリック。

(2)chromium で検索。

(3)Chromium web browser, open-source version of Chrome(chromium-browser-78.0.3904.108-rpt1)にチェックを入れ、Apply をクリック。

(4)Additional confirmation required のダイアログが出てくる。To remove these packages, additional software also has to be modified.(これらのパッケージを削除するには、その他のソフトも合わせて修正する必要があります。)と書かれて、以下の3つがリストアップされる。

・Chromium web browser, open-source version of Chrome(chromium-browser-78.0.3904.108-rpt1)
・chromium-browser language packages(chromium-browser-l10n-78.0.3904 108-4rpt1)
・Extra ffmpeg codecs for the Chromium Browser(chromium-codecs-fffmpeg-extra-78.0.3904.108-rpt1)

「Continue」をクリック。

これで Chromium がアンインストールされる。

(5)再び、「Add / Remove Software」で chromium を検索。

(6)web browser(chromium-80.0.3987.149-1~deb1071)にチェックを入れ、OK。

これで Developer Build の Chromium がインストールされる。

(4で language packages と Extra ffmpeg codecs をアンインストールしているが、最新の language packages と Extra ffmpeg codecs も入れ直す必要があるのかどうか分からない。とりあえず今後必要になったら追加しようと思う。)

再び Chromium の「右上の3点アイコン>About Chromium」をクリックしてバージョンをチェック。Version 80.0.3987.149 (Developer Build) Built on Debian 10.2, running on Debian 10.3 (32-bit) となっていた。

***

なお、上記作業をするとステータスバー(Application Launch Bar)のブラウザアイコンをクリックしても Chromium が起動しない(別のブラウザが起動する)。ステータスバーを右クリックして「Application Launch Bar Settings」で一旦現在のアイコンを削除し、Chromium を指定し直せば、アイコンクリックで Chromium が起動するようになった。

そして今回の作業でパッケージ名が chromium-browser ではなく chromium に変わった。例えばバージョンをコマンドラインから確認するなら以下のようになる。

$ chromium --version

そして肝心の更新通知ポップアップが出なくなった!


書籍