twitter youtube tumblr flickr rss mail

category: computer

[Adobe Premiere Pro] 字幕ファイルを一括読み込み


本記事のタイトルとURL をコピーする

Adobe Premiere Pro で字幕(キャプション)を付けたい。通常は Adobe Premiere Pro 上で字幕を入力していったり、(私はまだ試していないが)srt ファイルを読み込んで字幕ファイルとする方法もある。

しかし、たとえば一定のタイミングで(例えば1秒ごとに)字幕を表示したい場合、いちいち字幕を手入力せずに、テキストファイルから読み込めたらいいのにと思っていた。大量の字幕ならなおさらである。

それは、Adobe の公式ヘルプにその方法が書かれていた。

Photoshop を利用してテキストファイルから字幕データを一度に作成する方法(Premiere Pro CC)
https://helpx.adobe.com/jp/premiere-pro/kb/how-to-create-captions-from-a-text-file-jp.html

今回は例として、以下のような字幕を1秒ごとに順に表示させる場合を考えてみる。

A Tokyo
B Osaka
C Kyoto
D Hiroshima

(1)以下のようなテキストファイルを作成する。1行目は「変数」として分かりやすい言葉を書いておく。複数の変数は ,(コンマ)で区切る。それを txt ファイルで保存する。

alphabet,city
A,Tokyo
B,Osaka
C,Kyoto
D,Hiroshima

(2)Photoshop を起動し、Adobe Premiere Pro で編集するシーケンスと同じキャンバスサイズのファイルを新規作成する。その際、キャンバスカラーは「透明」にする。

(3)文字ツールで字幕用のテキストボックスを配置する。今回は2つのテキストボックスを作成。

(4)3の “レイヤー” を選択した状態でメニューの「イメージ>変数>定義」をクリック。

「テキストの置き換え」にチェックを入れ、1で定義した変数名を入力。OK をクリック。

2つ目の字幕についても同じことを繰り返す。

(5)メニューの「イメージ>変数>データセット>読み込み>ファイルを選択」をクリック。

1のファイルを選択する。OK 。

プレビューでうまく読み込まれていることを確認して、OK をクリック。

(Photoshop にも InDesign のデータ結合のような機能があることを初めて知った。)

(6)メニューの「ファイル>書き出し>データセットからファイル」をクリック。

保存先フォルダーやファイル名を設定して、OK 。

ファイルが書き出される。

(7)Adobe Premiere Pro を起動。「Premiere Pro>環境設定>タイムライン>静止画像のデフォルトデュレーション」を1(秒)にする。

プロジェクトを開き、タイムラインに6のファイル群をドラッグ・アンド・ドロップで配置する。

これで1秒間隔に字幕を配置できた。もちろんここから、表示間隔を短くしたり長くしたり、字幕の開始/終了のタイミングを調整することもできる。

参考:
Import text from file into Premiere, Photoshop (and batch save!) | CC 2019\2020 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=_7BbPxSbZ4M


書籍