twitter youtube tumblr flickr rss mail

category: computer / reading

[読書メモ]『Markdownライティング入門』


本記事のタイトルとURL をコピーする

p121
Gruber は Markdownの「生みの親」であるが、「育ての親」としては責任を放棄している


書籍